何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営のメリットに節税対策があると、認識されていらっしゃる方も少なからずいらっしゃると考えます

何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営の節税のやり方

マンション経営のマンションオーナーのメリットに節税対策があると認識されていらっしゃる方も少なからずいらっしゃると考えます。マンションオーナーは不動産を購入して、購入者の中には、金融機関からローンを組んでマンション経営される方もいらっしゃいます。マンションオーナーの多くは給与所得者で安定収入のある方です。基本的に安定収入の無い方は金融機関から融資を受けることが出来ないと考えます。現在の収入とマンションの家賃収入が発生した場合、収入が複数存在しますので、最寄りの住所地の税務署に確定申告しなければなりません。確定申告は毎年2月中旬から3月中旬の期間になります。

マンションオーナーは家賃収入だけで確定申告しますと、収入増になりますので納税義務が発生します。マンション購入時にローンを組んでいれば、実費を伴わない赤字の経費が税務署での確定申告の際認められ、支払い過ぎた所得税が国税還付金として、マンションオーナーの指定口座へ入金される方も少なからずいらっしゃると考えます。更に、住民税も6月以降、毎月減税になる方も少なからずいらっしゃると考えます。このように、ローンを組んで税務署で実費を伴わない赤字の経費が認められ少額でも税金が節税出来るなら考えようと思う方も少なからずいらっしゃると考えますが、数年で節税対策は半減していくことも考えられます。

Copyright (C)2017何故、今、マンション経営なのか。.All rights reserved.