何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営の節税対策に必要な赤字の経費は確定申告をする中で、必要性の高いものだと考えています。

何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営の節税対策に必要な赤字の経費とは

マンション経営の節税対策に必要な赤字の経費は確定申告をする中で必要性の高いものだと考えていらっしゃるマンションオーナー様は多くいらっしゃると考えます。家賃収入はプラスの収入になりますので、家賃収入だけでは納税しなければなりませんが、赤字の経費を毎年の確定申告で計上することが可能だと考えます。考えられる経費として、実費を伴わない減価償却費や購入後に1度だけ支払う不動産取得税、毎年支払う固定資産税、毎月支払う管理費、投資マンションローンの建物分の金利、マンション経営の為に利用した雑費などが存在していると考えます。このような赤字の経費が家賃収入より多くなると、所得税や住民税が赤字の経費が多い為に、支払い過ぎた税金は所得税は国税還付金として住民税は減税されると考えます。

節税対策を当面の目的で考えていらっしゃるマンションオーナーの多くは、ローン返済がある方だと考えます。毎年2月15日から3月15日に確定申告をして税務署に提出することで節税対策が可能になります。住宅ローンは住宅取得特別控除があり、1度だけ申告すれば源泉徴収票で調整可能ですが、マンション経営の場合、毎年確定申告をする必要性があると認識されていらっしゃる方も少なからずいらっしゃると考えます。

Copyright (C)2017何故、今、マンション経営なのか。.All rights reserved.