何故、今、マンション経営なのか。

2013年からマンション経営の追い風となっている相続税と消費税の改正が、節税対策のために多くなってきている。

何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営の現状は、政府の施政に左右されている。

先年度の2013年度から消費税が上がる前の今年にかけて、アパートやマンションの賃貸を含む建物を建てている人の数が増えてきています。これには、消費税のアップという問題と、その前に行われた相続税の改正という大きな税制上の問題から、一気に増えてきているということがわかっています。その数字というのは、2013年度において、賃貸物件も含む住宅建設着工数が、全国で92万戸ともいえる建設ラッシュが背景にあり、この数字は建設の落ち込み出してきている業界では、空前絶後の数字でもあります。

また、この流れは2014年においても続いており、消費税のアップに伴う駆け込み需要から、若干ですが前年と比べて、10万戸ほどの落ち込みがあっての82万戸と予想される数の建設が見込まれていることからでも、ここ数年の状態と比べると破格の数字を出してきていうことがわかります。これは、これから進むであろう少子化による人口減などで、建設の落ち込みをカバーする上でも貴重な建設数ではあります。このようにして、建設業界というのは、消費税と相続税の改正に伴う事から、節税対策として、空前の建設ラッシュを起こしている背景が、今年も続くと予想されているところでもあり、マンション経営をしている人にとって、複雑な心境になる光景でもあります。

Copyright (C)2017何故、今、マンション経営なのか。.All rights reserved.