何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営では、空き家と賃貸、そして、地方という関係を考えないといけない背景があります。

何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営で考え無いといけない数字です。

マンション経営というので、天敵ともいえるものが、空き室の問題があります。これに対してオーナーというのは、いろいろな手をつくして、その空き室の対策を行う事になりますが、それでも、立地条件や家賃の関係から、どうしても空き室ができてしまう背景があります。そのために、100%にならなくても、問題ないように、建物のローンの返済などをコントロールしたりしていることがあります。そこに、さらにいろいろな問題がこれから出てくるであろう数字があります。それが、2013年度の全国の空き家の数が820万戸もあるという事実があります。この数字というのは、特に、過疎と呼ばれている県などで、多くみられているところから、全国の空き家の数の比率で、約20%を切るくらいの数のレベルで数県あったりしています。

ただ、賃貸というのは、都市部に集中していることもあって、この数字というのは、直接的には、影響が無いところではありますが、言い換えると、地方では賃貸というマンション経営は、成り立たないことを意味しています。さらに、それを言い換えると、まだ、都市部で立地のいい場所であれば、その業界に参入しても問題ないくらいの需要は、見込めるということになります。

Copyright (C)2017何故、今、マンション経営なのか。.All rights reserved.