何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営で、建設費用というのは、本体工事費、別途工事費、付帯工事費などが、その他にもあります。

何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営で知っておきたい建設費用とは?

マンション経営を行う前に必ず直面することがあります。それは、マンションを建てる時の資金についてで、それも、マンションの費用というのが、どのようなものがあるのかを、事前に知っておいて、いろいろとチェックを行う必要もあります。そのようなことから、なるべく、メリハリの利いた建設費用の配分を行う事で、理想の建物ができるということになります。これは、ローンで支払うし、家賃で返済できるからといって、大目に見るといった事はかえって、経営の考え方からするとナンセンスでもあります。経営に支障のないレベルの支出に抑えて、経営を行うことが、基本でもあり、これからのマンション経営を明るくする事にもなります。

では、その建設費用というのに、どのようなものがあるのかというと、これには、本体工事費と呼ばれる、建物本体と設備費を含んだ費用と、別途工事費と呼ばれる、屋外電気や給排水、それに、ガス工事費などがあります。さらに、付帯工事費として、建物を取り囲む外構工事費であったり、地盤改良工事費や太陽光発電などのシステム設置費などがあります。最後に結構見落としてしまう事で、以上のもの以外に、建物を建てる時の税金や諸経費などが入ることになり、これで、すべてを網羅することができます。

Copyright (C)2017何故、今、マンション経営なのか。.All rights reserved.