何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営は、一時的な節税対策より、後のメンテナンスや、毎年かかる税金を考える必要があります。

何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営には、節税対策より、後にかかるお金がある。

マンション経営というのは、長い目で行うことができるような計画に基づいて、実行する必要があります。確かに、今の節税対策としての施策というのは、大きな恩恵を受けることになりますが、結局のところ、その期間だけでは、マンション自体の建設費などを支払いきれる事にはならず、最終的には、家賃に頼るところが大きくなってくるところが「ミソ」でもあります。それに、物というのは、経年劣化をするということで、年数が経てば経つほど、どこかしらに問題が生じることになります。

すると必要になってくることでは、メンテナンスと呼ばれる建物の修繕費用というのが、必要になってきたりします。この修繕費用というのは、本来、計画的に積み立てておく費用でもあるので、計画的に積み立てを行うことになるのは当たり前の事に現在はなっています。さらに、毎年来る税金というのが、重くのしかかってくることになり、その税金というのは、固定資産税と都市計画税と呼ばれる税金で、この負担の方が節税対策の効果より、大きいことに気が付かないといけないことになります。このように、建物を建てて、マンション経営を行うというのは、きっちりとお金の出入りを管理し、必要になる時期には、お金を支出できるようにしないといけないという事がわかります。

Copyright (C)2017何故、今、マンション経営なのか。.All rights reserved.