何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営は、将来の年金対策に効果があると考える方も少なからずいらっしゃると考えます。

何故、今、マンション経営なのか。

年金対策にマンション経営

マンション経営は年金対策に効果があると考える方も少なからずいらっしゃると考えます。年金は以前は55歳から受給資格が得れる時代もあり、年々、受給開始年齢が高齢化していると考えます。年金受給を60歳から受給されている方も少なからずいらっしゃると考えますし、今後65歳から年金受給される方も多くいらっしゃると考えます。将来は70歳から年金受給される時代も存在する可能性も全くないとは言えない状況になっていると考える方も少なからずいらっしゃると考えます。団塊の世代の年金受給開始により、高齢者の割合が年々高くなると考えられております。

自営業の方は、国民年金の支払い額が年々高くなると考えられておりますし、公務員や民間企業のサラリーマン方の社会保険料の負担も重くなると考えられております。以前のように、過去に支払った年金額は、老後の年金受給開始から、しっかりと取り戻すことが出来て、支払い額以上に年金受給されることが当たり前の時代ではないと考えます。その為、マンションを所有し家賃収入を得て、その家賃収入で、マンションを更に増やして所有して行くことも必要だと考える方も少なからずいらっしゃると考えます。家賃収入を増やすことは、将来の年金受給額が減る可能性が存在することから、必要な対策として考えても良い行為だと考えます。

Copyright (C)2017何故、今、マンション経営なのか。.All rights reserved.