何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営では、様々な業務に取り組む必要があります。節税対策も含めた、経営の注意点を説明します。

何故、今、マンション経営なのか。

マンション経営の注意点と節税対策

マンション経営では、物件の購入から入居者の管理、税務署への確定申告など、非常に多岐にわたる業務に取り組まなければなりません。扱う金額も大きいことから、収支の管理は大変重要です。まず物件を購入する場合は、ある程度の資金を確保しておくことが大切ですが、最近はローンを組んで経営を始める人も増えてきました。万が一本人に何かあっても、団体信用生命保険の加入によって、家族に借金を残す懸念を和らげることが出来ます。しかし、基本的には返済計画をしっかりと立案してから行動を起こすことが望まれます。

また、最近はローン契約から経営ノウハウの提供を行う管理会社も増えています。空室時に一定額の家賃を負担してくれる会社もあります。不動産仲介業者やハウスメーカー、デベロッパーなど、それぞれ得意とする分野がありますので、自身の経営タイプをしっかりと把握し、適切な管理会社を選択することが重要です。

経営で得る収入は不動産収入であり、年度末には確定申告を行わなければなりません。基本的には基礎控除が大きい青色申告の方が、帳簿作成等の手間を要しますが、大きく節税することが出来ます。ローン返済のための支払利息、所有不動産にかかる固定資産税や減価償却費、修繕費や管理費等の諸経費の他にも様々な控除が受けられますので、専門家に相談しながら、しっかりと節税対策を行うことが大切です。

Copyright (C)2017何故、今、マンション経営なのか。.All rights reserved.